実験病理検査
被検動物(イヌ、サル等も可能)の解剖並びに被検臓器の摘出、固定操作、各種組織標本の作製並びに組織学的評価など総合的に受託させていただけます。

1.解剖・臓器切出し操作

豊富な実施経験を持った経験者が行います。
摘出臓器、切出し方法をご指定ください。

2.組織標本作製

■被検材料

一般臓器の他、硬組織(骨・歯)、ステント材料、インプラント材料、培養細胞、ヒストアレイ標本など各種材料でお預かりいたします。
a.湿固定材料 10%中性緩衝ホルマリン固定(室温)
4%パラフォルムアルデヒド固定(4℃)
2.5%グルタールアルデヒド固定(4℃)
その他
*固定時間や濃度は材料(組織・大きさ)によって変ります。
b.凍結固定材料  凍結組織、凍結ブロック標本 
*凍結ブロック標本は凍結用包埋材で包埋した成型されたブロックでご提出ください。
c.その他 パラフィンブロック標本、未染色標本

■包埋方法

パラフィン包埋、凍結包埋、樹脂包埋での作製が可能です。

■染色標本

a.未染色標本 剥離防止剤が塗布されたコートスライドを使用いたします。
単一切片、連続切片、断続切片を用途に合わせて作製いたします。
ISH用のRnase freeの標本も作製いたします。
b.HE染色標本
c.特殊染色標本  線維染色、軟骨染色、脂肪染色などの染色が可能です。
*各種特殊染色一覧をご覧ください。
d.免疫染色標本 基本は一次抗体お預かりでの実施となりますが、弊社所有の抗体を使用いただくことも可能です。
*各種一次抗体一覧をご覧ください。

(染色条件の検討)

プロトコールの確立していない被検抗体について、最適な染色条件の検討を総合的に行います。
・抗体濃度の検討 :抗体の蛋白量や希釈倍率を設定する。
・賦活条件の検討
1) 賦活法  無処理
熱処理 …… 温浴処理、マイクロウエーブ処理、オートクレーブ処理
酵素処理 …… プロテアーゼ処理
2) 賦活液 クエン酸(pH6)、EDTA(pH9)
・ 染色システムの検討 :LSAB法、ポリマー法、コンプレックス法、その他

(発色方法)

用途により、酵素発色と蛍光発色が可能です。
・酵素発色 
ペルオキシターゼ基質 …… DAB(茶褐色)、AEC(赤)
アルカリフォスファターゼ基質 …… ファーストレッド(赤)、パーマレッド(赤)、BCIP / NBT(青)
・蛍光発色 FITC(緑)、ローダミン(赤)

(重染色)

複数の一次抗体を使用した、二重染色や三重染色などの検討が可能です。前項の発色方法を組み合わせ実施いたします。
e.ISH法での染色 :アポトーシスの検出法としてTUNEL染色が実施できます。

■電子顕微鏡検査

透過型電顕と走査型電顕の標本作製ならびに写真撮影を行います。
電顕用固定液(2.5%グルタールアルデヒドなど)をご使用ください。(要冷蔵)
*被検材料によって固定条件が変りますのでご提出前にご相談ください。
a.透過型電顕(TEM) 電顕ブロック標本(樹脂)、セミシンセクション標本(TB標本)、超薄切片標本(グリッド標本)、電顕写真
b.走査型電顕(SEM) 試料台、電顕写真

3.組織学的評価

所見者による病理病態学的評価・免疫組織化学的評価をはじめ、画像解析での数値化による評価も行います。

■写真撮影

被検組織のマクロ写真、顕微鏡写真を撮影いたします。また被検組織について複数の顕微鏡写真を合わせた合成写真も作成いたします。
顕微鏡写真の撮影倍率(対物レンズ):x1.25、x2、x4、x10、x20、x40、x100

■顕微鏡的評価

所見者(学識経験者)が顕微鏡下で評価いたします。臓器により項目が異なりますが、0(正常)〜4(高度異常)の5段階によるグレード評価となります。

■画像解析

a. 被検組織写真より、長さ(径・周囲)、面積を測定します。
*線維染色標本より、線維化領域の面積や陽性率が算出できます。
*免疫染色標本より、反応領域の面積や陽性率が算出できます。

ページトップへ戻る